Next.js 12と13の違いで気をつけるべき事

はじめに

Next.jsは、Reactベースのフレームワークとして、開発者コミュニティにおいて高い評価を受けています。

その人気の秘密は、サーバーサイドレンダリング、静的サイト生成、APIルートなどの機能を備え、開発の生産性を大きく向上させることにあります。特に、Next.js 12と13では、さまざまな機能改善が行われ、開発者が直面する問題への解決策が提供されています。

しかし、これらのバージョン間の違いは何でしょうか?
今回の記事では、Next.js 12と13の主要な違いを探り、それぞれの特徴と使用時のポイントに焦点を当てます。

大きな違い

Next.js 12

Next.js 12は、多くの重要な機能強化をもたらしました。

最も注目すべきは、Rustコンパイラの導入によるビルド時間の短縮です。
これにより、プロジェクトのビルドと開発の速度が大幅に改善されました。

また、ESモジュールのサポート拡大により、より現代的なJavaScriptエコシステムとの互換性が高まりました。

Next.js 13

一方、Next.js 13は、フレームワークの構造自体に一新をもたらしました。

特に「App Directory」と「Server Components」の導入が目立ちます。App Directoryは、従来のページベースのルーティングから、コンポーネントベースのルーティングへの移行を促し、開発者がより柔軟なアーキテクチャを実現できるようになりました。

また、Server Componentsを利用することで、クライアントサイドとサーバーサイドのロジックをより効率的に分離し、パフォーマンスの向上が期待できます。

細かな違い

Next.jsのバージョンアップは、大きな機能の追加だけではなく、多くの細かな改善も加えられました。これらの変更点は、日々の開発作業において、より快適な開発を感じる事が出来るようになりました。

Next.js 12

  • Fast Refreshの最適化: 開発中のコード変更が即座に反映されるため、開発サイクルがより迅速になります。
  • 画像最適化: Image コンポーネントがさらに改善され、WebP形式のサポートが強化されました。
  • スクリプトの最適化: サードパーティのスクリプトを効率的にロードするための新たな戦略が導入され、ページのパフォーマンス向上に貢献しています。

個人的には画像最適化が一番大きく恩恵を受けた場所でした。

Next.js 13

  • レイアウトの進化: 新しいレイアウトシステムにより、ページのレイアウトとナビゲーションの構成がより簡単かつ柔軟になりました。
  • APIルートの強化: APIルートの処理が改善され、より安定したパフォーマンスを提供します。
  • 型安全性の向上: TypeScriptのサポートが強化され、型安全性の面での改善が見られます。

対してNext.js13ではTypeScriptのサポート強化が一番大きく恩恵を受けた場所でした。
型安全性の向上が図られ、開発者は型安全性を高めることができ、バグのリスクを減少させることが可能になっています。

具体的には、より厳密な型チェックと、統合された型推論の向上が挙げられます。これにより、コードの信頼性が向上し、大規模なプロジェクトでも安全に開発を進めることができます。

皆さんも型アサーションやanyの多用をやめ、ESLintめんどいとか言わずに、きちんと設定して型セーフティーに行きましょう!

僕もですけどね!

また、この強化されたTypeScriptサポートは、新しいコードだけでなく、既存のコードベースにもメリットをもたらします。
例えば、型エラーの特定と修正が容易になり、リファクタリングや機能の追加時に発生する潜在的な問題を早期に検出できます。このように、Next.js 13の型安全性の強化は、開発者にとって大きな利点となっています。

srcとappディレクトリ

Next.jsのプロジェクト構造において、src ディレクトリと app ディレクトリはそれぞれ異なるアプローチを提供します。
どちらを選択するかは、プロジェクトの規模や開発チームの好みによって異なります。

src

src ディレクトリは、従来のNext.jsのプロジェクト構造で一般的に使用されています。この構造では、ページ、コンポーネント、APIルートなどが明確に分類されており、従来のWebアプリケーション開発者にとって馴染み深い形式です。小規模から中規模のプロジェクトや、従来のフォルダ構造に慣れた開発者に適しています。

app

一方、Next.js 13で導入された app ディレクトリは、コンポーネントベースのルーティングを採用しています。これにより、ページとロジックがより密接に結びつき、大規模なアプリケーションや複雑な状態管理が必要なプロジェクトに適しています。

app ディレクトリは、開発者により高度な柔軟性とモジュール性を提供し、大規模プロジェクトの管理を容易にします。

選択の考慮点

選択にあたっては、プロジェクトの要件と開発チームの経験を考慮することが重要です。src ディレクトリは既存のNext.jsの経験が豊富なチームに適しており、app ディレクトリはより実験的で柔軟なアプローチを求める場合に適しています。

気をつけるべき点

Next.jsのバージョンアップに伴い、いくつかの重要な注意点があります。
これらを理解し、適切に対応することで、スムーズな移行と効率的な開発プロセスを実現できます。

移行時の互換性の確認

もし今のプロジェクトを12から13にバージョンアップする際、まず、バージョンアップ前には既存のプロジェクトが新しいバージョンと互換性があるかを確認することが重要です。特に、外部ライブラリやカスタムコンポーネントが新しいバージョンのNext.jsで問題なく動作するかを検証する必要があります。
また、srcディレクトリからappディレクトリに変更する際、お作法が結構違うので、より慎重に作業すべきです。

ドキュメントとコミュニティの活用

Next.jsの公式ドキュメントは非常に充実しており、バージョンアップの詳細や移行ガイドが提供されています。
また、開発者コミュニティからのフィードバックやアドバイスも有益であるため、積極的に情報を収集することが有効です。

パフォーマンスとセキュリティの検証

新しいバージョンへの移行後は、アプリケーションのパフォーマンスとセキュリティを慎重に検証することが重要です。
これには、ロード時間、レスポンシブ性、脆弱性のチェックなどが含まれます。

まとめ

この記事では、Next.js 12と13の主要な違いについて探りました。大きな違いとしては、Next.js 13の新しいアーキテクチャやServer Componentsの導入、そして改善された型安全性のサポートなどが挙げられます。これらの変更は、開発者にとって新たな機会を提供し、同時に移行に際しての挑戦も伴います。

Next.js 12から13への移行は、アーキテクチャの変更、新機能の統合、パフォーマンスへの影響など、いくつかの潜在的な問題点を考慮する必要があります。これらの問題点に適切に対応し、公式ドキュメントやコミュニティのリソースを活用することで、移行はより安全かつ効率的に進めることができます。

弊社では常に新しい技術へ挑戦し、最高のアプリケーションを作る為に日々前へ進んでいます。
またAIを最大限活用し、人的費用を極力排除することで、他の会社には真似出来ない価格でシステムの構築を請け負っています。

新しい開発案件はぜひ一度ご相談ください!


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です